不倫慰謝料の相場

不倫慰謝料の相場

不倫慰謝料の相場

 

 

不倫慰謝料の相場は、裁判例では、50万円〜300万円程度となっています。

 

事案によっては10万円や1000万円という例もありますが、50万円〜300万円の範囲内で認められるケースが多いようです。

 

※当事務所では、35万〜300万の範囲で慰謝料支払いの実績があります。

 

→不倫慰謝料請求の裁判例

 

 

同じ不倫(不貞行為)であっても、不倫の期間・回数・態様はもちろん、夫婦の婚姻期間、婚姻関係に与えた影響(不倫の結果、婚姻関係が破たんしたか否か)、不倫された側の精神的苦痛の度合いも様々です。

 

そのため、裁判で認められる慰謝料の金額も、かなり幅のあるものとなっています。

 

 

不倫慰謝料の増額・減額要素

 

不倫慰謝料が増額される要素と、減額される要素としては、主に下記のようなものがあります。

 

 

(不倫慰謝料の増額要素)

 

・不貞行為により婚姻関係が破たん(悪化)したこと

 

・不貞行為が原因で離婚に至ったこと

 

・不貞行為の期間が長期間にわたること

 

・不貞行為に及んだ時点での、婚姻関係の継続年数が長いこと(10年以上)

 

・不貞行為に及んだ時点で、夫婦関係が円満(特に問題がなかった)だったこと

 

・妻の精神的苦痛の度合いが大きいこと

 

・不貞行為発覚により、妻が体調を崩したり、うつ病等の精神疾患にかかっていること。心療内科への通院を余儀なくされていること。

 

・夫婦間に未成熟の子がいること

 

・不貞行為開始の時点で、夫が既婚者であることを十分に認識していたこと

 

・不倫相手が不倫に積極的であったこと

 

・妻から夫と別れるよう求められても、拒絶して不貞行為を継続していたこと

 

・不倫相手が妊娠、出産したこと

 

 

(不倫慰謝料の減額要素)

 

・不貞行為によって婚姻関係が破たんしていないこと

 

・妻が夫を許していること

 

・不貞行為に及んだ時点での、婚姻関係の継続年数が短いこと(3年未満)

 

・不貞行為に及んだ時点で、夫婦関係が円満とはいえなかったこと

 

・不貞行為の期間が短期間であること

 

・不貞行為の回数が数回程度であること

 

・不倫相手の方から積極的に不貞行為に誘ったわけではないこと

 

・不倫相手が謝罪をし、反省の態度を示していること

 

 

内容証明等の文書で慰謝料を請求する際は、文中に上記の増額要素を強調して盛り込むのがコツです。

 

 

不倫相手への請求額の決め方

 

不倫相手への請求額は、裁判例の相場を参考に、不倫された側の精神的苦痛の度合い、不倫の期間や態様、婚姻関係への影響、子供の有無、不倫相手の反省などを総合的に考慮して決めることになります。

 

 

本来は裁判例の相場にしばられる必要はないはずですが、裁判例の相場を大きく超える金額を請求するのはあまりお勧めできません。

 

相手の支払い能力も考慮する必要がありますし、あまりに高額だと、逆に相手が真剣に受け止めない可能性もあるからです。

 

 

では、実際どうやって請求額を決めているのか?と言いますと、まずは裁判例の相場を踏まえ、「不倫相手にはこれぐらいは払わせたい」という金額を決めて頂きます。

 

その金額に、多少上乗せをした金額を請求していくケースが多いです。

 

 

あえて多めの金額を請求するのは、相手が減額を求めてきた場合のためです。

 

例えば、内心では100万円は払わせたいという場合は、50万円上乗せして150万円請求する、といった具合です。

 

 

 

NEXT→不倫慰謝料請求の裁判例

 

 

サイト運営者

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。行政書士。不倫問題カウンセラー。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

単なる慰謝料請求にとどまらず、不倫で傷ついた方の気持ちを代弁する内容証明の作成を心がけている。

お申込み・お問合せ

お申込み・お問合せ


お申込み・お問合せ



サイト運営・花田好久行政書士事務所

日本行政書士連合会登録番号第06400291号

〒192-0074 東京都八王子市天神町2-10-303

電話 042-624-8381 メール info@rikon-online.net

⇒事務所案内
page top