不倫慰謝料請求

夫と不倫相手に打撃を与える意地悪な?方法

不倫は、夫と不倫相手の2人による共同不法行為です。

 

当然、不倫慰謝料も夫と不倫相手の双方に請求できます。

 

仮に300万円の不倫慰謝料を請求する場合、夫と不倫相手に150万円ずつ請求するか、どちらか一方に300万円請求するかは自由に決めて構いません。

 

夫との離婚が成立して、離婚協議書や公正証書を交わした後でも、不倫相手への慰謝料請求は可能です(ただし、不倫の事実と相手を知ってから3年以内に請求しないと時効にかかります)

 

 

ここで、「夫が不倫相手と再婚して幸せになるのが許せない!」という方のため、夫と不倫相手に打撃を与える意地悪な?方法を紹介します。

 

※この方法は、夫との離婚を前提としています。

 

 

まず、不倫については知らないふりをして(または不倫相手に慰謝料を請求する素振りを見せず)、夫との離婚を成立させます。

 

もちろん、夫には離婚の慰謝料をキッチリ払ってもらいます。

 

 

離婚が成立したことで、夫と不倫相手はホッとしていることでしょう。

 

不倫がバレずに済んだ(または不倫相手に慰謝料請求されずに済んだ)のですから。

 

 

そこですかさず不倫相手に慰謝料請求をするのです。

 

離婚が成立して安心していた夫と不倫相手からすれば、不意を突かれた形になり、天国から地獄に落とされた気分になるでしょう。

 

経済的なダメージも加わり、夫の面目は丸つぶれです。

 

再婚に向けて盛り上がっていた2人の関係にヒビが入ることも考えられます。

 

 

意地悪な方法ではありますが、法律的には問題ありません。

 

妻としても復讐心をちょっぴり満たすことは出来るでしょう。

 

 

ただ、離婚後いつまでも復讐心にとらわれていては、精神衛生上良くありません。

 

復讐心をちょっぴり満たした後は、気持ちを切り替えて、新たな人生を歩んで頂きたいと思います。

お申込み・お問合せ

お申込み・お問合せ


お申込み・お問合せ



サイト運営・花田好久行政書士事務所

日本行政書士連合会登録番号第06400291号

〒192-0074 東京都八王子市天神町2-10-303

電話 042-624-8381 メール info@rikon-online.net

⇒事務所案内

夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復するための秘訣はコチラ


メルマガ購読・解除
 

夫の不倫・浮気でお悩みのあなたへ。

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

このメルマガでは、夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復していくためのノウハウや心がまえを無料で公開しています。

また、不倫をしている夫の心理・行動を、男性カウンセラーならではの視点から解説しています。

このメルマガを読むことで、あなたも夫の不倫解決のためのノウハウを身に付けることができます。

現在、本メルマガは820名の方がご購読中です。

読者の方からは「メルマガを読んで救われています」「勇気づけられています」「癒されています」といったご感想を多数いただいております。

夫の不倫のお悩みを1日も早く解決し、より良い夫婦関係を再構築するため、当メルマガをお役立てください。

お申込み・お問合せ 無料メルマガ サービス・料金一覧 事務所案内 お客様の声