不倫慰謝料請求

内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは、「いつ」「誰から誰に」「どのような内容の文書」が差し出されたかを郵便事業会社が証明してくれる制度です。

 

内容証明郵便と併せて配達証明(郵便物の配達された年月日を郵便事業会社が証明してくれる制度)を利用すれば、郵便物の「差出人と受取人」「文書の内容」「差出日と配達日」を証明してもらえることになります。

 

内容証明(郵便事業会社)

内容証明郵便の効果・メリット

内容証明郵便そのもには、慰謝料支払いを強制する法的効力はありません。しかし、下記のような効果・メリットがあります。

 

不倫相手に心理的圧力をかけられる

 

内容証明郵便は「一般書留で郵送されること」「郵便事業会社の証明文と郵便認証司のスタンプが押されていること」により、ただの手紙とは異なる独特の威圧感があります。

 

この威圧感により、不倫相手に心理的圧力を与え、間接的に慰謝料の支払いを促す効果が期待できます。

 

言い逃れができない

 

内容証明郵便で不倫慰謝料請求を行うことにより、不倫相手は「そんな文書を受け取った覚えはない」「文書は受け取ったが、慰謝料請求するとは書いてなかった」などといった言い逃れが出来なくなります。

 

時効を一時的にストップできる

 

不倫慰謝料請求権の時効が迫っている場合も、内容証明郵便を利用すれば、催告(一時的に時効の進行を止める)の事実を証明することが出来ます。

内容証明が届かないケースと対処法

内容証明が届かないケース

 

不倫慰謝料請求の内容証明を送っても、場合によっては不倫相手に届かないケースがあります。

 

内容証明が届かないケース

 

@相手方が不在(留守)である
A相手方が受取を拒否した
B相手方が転居していた

 

ケース@相手方が不在(留守)である

 

内容証明は受取人に直接手渡され、受取人から受取の印(サイン)をもらいます。これにより、内容証明が間違いなく到達したことが証明されるわけです。

 

本人限定郵便ではないので、家族や従業員など、相手方以外の人が受け取っても到達したことになります。

 

しかし、相手方も同居人も不在の場合は、内容証明は郵便局に持ち帰られます。

 

このとき、配達人は郵便受けに不在通知を入れて帰ります。

 

相手方が不在通知に従って再配達を指定するか、保管してある郵便局に取りに行けば良いのですが、不在が続いて保管期間(配達日から7日間)を経過すると、内容証明は「受取人不在・保管期間経過」という付箋が貼られて戻ってきます。

 

(差出人や郵便物の種類から判断して、相手方かわざと受け取りに行かないケースも有り得ます)

 

この場合、内容証明は届いたことになりません。

 

 

ケースA相手方が受取を拒否した

 

実は、内容証明は受取を拒否することが出来ます。

 

受取を拒否されると、内容証明は「受取拒否」の付箋が貼られて戻ってきます。

 

受取を拒否したということは、相手方は内容証明の文面を読んでいないことになりますが、@の場合とは異なり、内容証明は到達したことになります。

 

 

ケースB相手方が転居していた

 

相手方が転居(引越し)していて、転居・転送サービスも利用していない場合、内容証明は「宛先不明」で戻ってきます。

 

この場合、内容証明は到達したことになりません。

 

 

内容証明が届かない場合の対処法は?

 

 

@不在(留守)A受取拒否の場合は、相手方はその住所に住んでいるはずです。

 

わざと内容証明を取りに行かなかったり、受取を拒否する場合は、内容証明が自分にとって不都合なものであると認識している証拠です。

 

この場合の対処法としては、内容証明のコピーを普通郵便で送る方法があります。

 

普通郵便は郵便受けに入れられますので、相手方が開封する可能性は十分にあります。

 

 

B相手方が転居している場合は、勤務先や近所の人などに転居先を尋ねてみます。

 

転居先が不明な場合は、裁判所に公示送達を申し立てる方法があります。

 

公示送達とは、名宛人の住居所不明などの理由により書類の送達ができない場合に、一定期間(2週間)裁判所の掲示板に掲示することにより送達の効果を生じさせる方法のことです。

 

掲示期間が経過すれば、内容証明は到達したことになります。

 

関連情報

 

不倫慰謝料の相場

 

不倫慰謝料請求権の時効

 

内容証明郵便とは?

 

示談書とは?

 

公正証書とは?

 

求償権とは?

 

不倫慰謝料請求書サンプル

 

夫の反応が気になって慰謝料請求をためらっているあなたへ

 

不倫慰謝料請求の目的は?

 

不倫慰謝料請求を考えたら、まずこれをやっておこう!

 

不倫慰謝料請求の方法・やり方

 

不倫慰謝料請求書には定型的なこと以外書いてはいけない?

 

内容証明を受け取った不倫相手の反応は?

 

不倫相手のよくする言い訳と対処法

 

不倫の証拠は必要か?

 

不倫の証拠はどの程度あれば良い?

 

不倫慰謝料請求ができない場合

 

不倫慰謝料請求のリスク(危険性)

 

不倫慰謝料請求でやってはいけないこと

 

夫と不倫相手に打撃を与える意地悪な?方法

 

不倫相手が慰謝料を払えないと言っているのですが・・・

 

謝罪より先に自己保身に走る不倫相手について

 

不倫相手が弁護士を立てて来たら?(カウンセリングのサイトに移動します)

 

不倫相手に退職や引越しを要求できる?

 

社内不倫を会社にバラした不倫相手に慰謝料請求できる?

 

別れさせ屋のリスク

 

不倫慰謝料を払う人と払わない人の違いは?

 

不倫の再発防止策

 

配偶者とのやり直し・夫婦関係の再構築

 

 

 

サイト運営者

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。行政書士。不倫問題カウンセラー。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

単なる慰謝料請求にとどまらず、不倫で傷ついた方の気持ちを代弁する内容証明の作成を心がけている。

お申込み・お問合せ

お申込み・お問合せ


お申込み・お問合せ



サイト運営・花田好久行政書士事務所

日本行政書士連合会登録番号第06400291号

〒192-0074 東京都八王子市天神町2-10-303

電話 042-624-8381 メール info@rikon-online.net

⇒事務所案内

夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復するための秘訣はコチラ


メルマガ購読・解除
 

夫の不倫・浮気でお悩みのあなたへ。

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

このメルマガでは、夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復していくためのノウハウや心がまえを無料で公開しています。

また、不倫をしている夫の心理・行動を、男性カウンセラーならではの視点から解説しています。

このメルマガを読むことで、あなたも夫の不倫解決のためのノウハウを身に付けることができます。

現在、本メルマガは820名の方がご購読中です。

読者の方からは「メルマガを読んで救われています」「勇気づけられています」「癒されています」といったご感想を多数いただいております。

夫の不倫のお悩みを1日も早く解決し、より良い夫婦関係を再構築するため、当メルマガをお役立てください。

お申込み・お問合せ 無料メルマガ サービス・料金一覧 事務所案内 お客様の声