不倫慰謝料請求

公正証書とは?

公正証書とは、公証人(元裁判官、元検事など、法律専門家の中から法務大臣が任命する公務員)が公証人法などの法律に基づいて作成する公文書のことです。

 

公正証書は公文書なので高い証明力があります。また、金銭の支払いを内容とする公正証書に「強制執行認諾文言」を入れておけば、裁判所の判決を経ずに直ちに強制執行手続に入ることが出来ます。

 

公正証書作成の手続き

 

公正証書は公証役場(全国に約300箇所あります)で作成します。作成内容についてあらかじめ公証人と打合せをして、内容がまとまったら実際に公証役場に出向きます。

 

持参するのは、契約内容をまとめた書面、運転免許証、認印などです。公証役場では、公証人の面前で公正証書に署名・押印して、完成した公正証書の謄本を受け取ります。

 

⇒全国公証役場所在地一覧

 

公正証書作成の費用

 

公正証書を作成するには、証書作成手数料と証紙代・謄本代(数千円程度)がかかります

 

例えば、不倫の慰謝料支払いの公正証書を作成する場合、慰謝料の金額が300万円だとすると、作成手数料は11,000円となります。

 

<法律行為に係る証書作成の手数料>

 

目的の価額

手数料

100万円以下

5000円

200万円以下

7000円

500万円以下

11000円

1000万円以下

17000円

3000万円以下

23000円

5000万円以下

29000円

1億円以下

43000円

1億円を超える場合

省略

示談書と公正証書の違い

不倫相手が慰謝料の支払いに合意したら、次のステップとして示談書を作成します。

 

示談書には、不倫の事実関係、慰謝料の支払い義務、清算条項などについて、当事者の合意した内容を盛り込みます。

 

公正証書にも示談書とほぼ同じ内容(慰謝料支払い義務、支払い方法、期限の利益喪失、秘密保持義務、違約金条項、清算条項、強制執行認諾文言、その他)を盛り込みます。

 

示談書と公正証書の比較

 

示談書 公正証書
強制執行

裁判をして勝訴判決をもらわないと、強制執行できない。

すぐに強制執行ができる。

証拠としての効力

一定の効力があるが、偽造などが疑われることもある。

証拠としての効力が強い。

心理的圧力

口約束に比べ、一定の心理的圧力をかけられる。

より強力な心理的圧力をかけられる。

保管面

当事者間で保管するので、紛失の恐れあり。

公証役場で原本が20年間保管してもらえる。

費用

不要

手数料が必要

 

示談書より公正証書を作った方が良い場合

 

不倫慰謝料が分割払いの場合は、示談書より公正証書の作成がお勧めです。

 

途中で支払いが滞った場合でも、公正証書なら即座に強制執行手続きに入れるからです。

お申込み・お問合せ

お申込み・お問合せ


お申込み・お問合せ



サイト運営・花田好久行政書士事務所

日本行政書士連合会登録番号第06400291号

〒192-0074 東京都八王子市天神町2-10-303

電話 042-624-8381 メール info@rikon-online.net

⇒事務所案内

夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復するための秘訣はコチラ


メルマガ購読・解除
 

夫の不倫・浮気でお悩みのあなたへ。

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

このメルマガでは、夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復していくためのノウハウや心がまえを無料で公開しています。

また、不倫をしている夫の心理・行動を、男性カウンセラーならではの視点から解説しています。

このメルマガを読むことで、あなたも夫の不倫解決のためのノウハウを身に付けることができます。

現在、本メルマガは820名の方がご購読中です。

読者の方からは「メルマガを読んで救われています」「勇気づけられています」「癒されています」といったご感想を多数いただいております。

夫の不倫のお悩みを1日も早く解決し、より良い夫婦関係を再構築するため、当メルマガをお役立てください。

お申込み・お問合せ 無料メルマガ サービス・料金一覧 事務所案内 お客様の声