不倫慰謝料請求

謝罪より先に自己保身に走る不倫相手について

当サイトには、「慰謝料払いたくない」「慰謝料払えない」というキーワードで検索してくる方が結構多いです。

 

不倫相手の配偶者に謝罪するより、お金を払いたくないという自己保身が先なんですね。

 

不倫をして傷つけた相手に謝罪しようともせず、自己保身のための情報収集に一生懸命な姿を思い浮かべると、「なんだかなぁ・・・」という気分になります。

 

 

不倫している側にも言い分(「最初は既婚者と知らなかった」「誘ったのは相手の方」「軽い遊びのつもりだった」」など)はあるでしょうし、突然の慰謝料請求で動揺するのも分かります。

 

しかし、法的なレベルでは、悪いのはあくまで不倫をしている側です。

 

特に、若い人に多いように感じるのが、「不倫=違法行為」という認識が薄い(全くない)ということです。

 

慰謝料請求の内容証明を無視したり、自分の都合(お金がない)ばかり主張したり、言い訳に終始したりするなど、謝罪の気持ちが伝わってこない人も多いですね。

 

 

普通、慰謝料請求をする側は、慰謝料の金額にそこまでこだわっているわけではありません。
交渉事なので、あえて高めの金額を請求することもあります。

 

不倫相手が謝罪と反省の態度を示せば、慰謝料に関しては減額・分割しても構わないと考える人の方が多いでしょう。

 

「分割だと支払い終わるまでこれくらいの期間がかかるが、●●万円なら一括で支払えるから、これで了承してもらえないか?」ともちかれれば、ある程度減額した金額で示談に応じてもらえる可能性もあります。

 

 

不倫の証拠を握られている以上、調停や裁判でもまず勝ち目はありません。

 

問題が長引けば長引くほど、肉体的・精神的な負担も増えます。

 

誰にでも一つや二つの過ちはあるものです。

 

責任逃れの方法を探すより、謝罪すべきは謝罪して、妥当な金額の慰謝料を支払う。

 

そうやって早めに問題を終わらせる方が、結局は自分のためになるのではないでしょうか。

 

 

それでも責任を取りたくない、慰謝料を払いたくないという人は、いつか自分が逆の立場になったとき、どう思うのでしょう?

 

自分が責任逃れをしたなら、不倫相手を責める資格はなくなりますよ。

お申込み・お問合せ

お申込み・お問合せ


お申込み・お問合せ



サイト運営・花田好久行政書士事務所

日本行政書士連合会登録番号第06400291号

〒192-0074 東京都八王子市天神町2-10-303

電話 042-624-8381 メール info@rikon-online.net

⇒事務所案内

夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復するための秘訣はコチラ


メルマガ購読・解除
 

夫の不倫・浮気でお悩みのあなたへ。

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

このメルマガでは、夫に不倫を止めてもらい、夫婦関係を修復していくためのノウハウや心がまえを無料で公開しています。

また、不倫をしている夫の心理・行動を、男性カウンセラーならではの視点から解説しています。

このメルマガを読むことで、あなたも夫の不倫解決のためのノウハウを身に付けることができます。

現在、本メルマガは820名の方がご購読中です。

読者の方からは「メルマガを読んで救われています」「勇気づけられています」「癒されています」といったご感想を多数いただいております。

夫の不倫のお悩みを1日も早く解決し、より良い夫婦関係を再構築するため、当メルマガをお役立てください。

お申込み・お問合せ 無料メルマガ サービス・料金一覧 事務所案内 お客様の声